アクリルの強さ

アクリルの特長

シーウォールや河川用シーウォールの窓は、アクリルを採用しています。
沖縄の美ら海水族館にも使われており、高強度・高透明度・高耐久性を誇ります。
優れた耐候性・耐久性

優れた耐候性・耐久性

太陽光や風雨・雪などの気象条件にも優れた耐候性を発揮するアクリルは、屋外用途でも広く使われています。このアクリル板に、潮風や雨による濡れと乾燥の繰り返しによって汚れが蓄積することを防止するために表面加工を施したものがシーウォール特殊加工板です。

戦闘機にも使われるほど耐衝撃性を誇る

衝撃に強いアクリル

大型水族館の水槽やF15戦闘機のキャノピーにも使われるアクリルの高い透明性と耐衝撃性。シーウォールの枠はこの特性を活かしつつアクリルの伸縮性にも対応できるよう、さまざまな実験を経てつくられています。そのためシーウォールは枠と一体で製品化されています。

強度試験

強度試験

シーウォールは強度試験※だけでなく、製品に実際に水圧をかけて、たわみや水密性について安全確認をしています。

※測定項目
  • 引張試験
  • 打抜きせん断試験
  • アイゾット衝撃試験
結果
全てのテストがJIS規格の基準を満たす数値

保守・点検が行えるシーウォールは、
エコで経済的

シーウォールは超親水加工のおかげで雨が降れば埃などの汚れが落ちるため、日常的な清掃は不要です。アクリルは耐久性に優れ色あせもなく、耐用年数は50年以上と言われております※。適切な管理をすればシーウォールは長期間美しいまま、わたしたちの傍に在り続けます。シーウォールは「フレームごと取り外し、部品の点検・交換やアクリルパネルのメンテナンスを行い、再び防潮堤に取り付ける」ことができます。(特許)
アクリルは高価な石油化学製品です。アクリルパネルを繰り返し使用することで、施主である自治体等の財政圧迫を軽減し、資源を有効活用することで地球環境を守ります。
※耐用年数は保証値ではありません。