◯シーウォールは容易に取り付け工事が出来るのが特徴ですが、念のため施工にあたっては指定工事業者による工事、
 または指定工事業者の指導による工事をお願いします。
◯シーウォール推進協議会では施工にあたってのご相談に対応していますので、お気軽に協議会までご連絡ください。
◯2人セットで標準サイズのシーウォールを1日4枚程度設置が可能です。

取付基準に従ってコンクリート躯体にレーザー又は水平器を使い基準墨を打つ。 あらかじめ基準墨があればこの作業は不要です。


レベル調整用のライナーを据える。


作業範囲、車両の安全を考慮し配置する。


本体上部の溶接リブのボルト孔を使用し揚重作業を行う。


所定の位置へ本体の吊り込みを行う。本体をコンクリート躯体に密着させ仮置きする。


専用ライナー、キャンバーで芯出しする。


本体の溶接リブと差筋を鉄筋で溶接固定する。
※スパッタシートにてアクリル板を養生し作業を行う。


枠の外周部を無収縮モルタルで仕上げる。


アクリルの耐用年数は50年以上あることから、適切に維持管理(定期的なアクリル板の清掃と枠部分の各部品の保守・点検・交換)を行うことにより、シーウォールの耐用年数は50年を確保できます。

【付属品】
・ライナー(レベル調整ボルト付)
・アイボルト&ナット・キャンバー
・溶接用鉄筋棒・シャックル
【作業に必要な工具類】
・溶接器具(溶接器、溶接棒他)・17mmレンチ・スパナ
・下振り・水平器 ・スパッタシート・ベルトスリング
・足場(脚立・立馬)・無収縮モルタル&増強剤


特許第5254944号
Copyright 2013 (c)シーウォール推進協議会. All rights reserved.